お知らせ

2019.04.22

本との出会い 鉄道小説大賞作品放送記念プレゼント

「本との出会い」で紹介している鉄道小説大賞の受賞作品ですが、放送を記念して作品をまとめた小冊子をプレゼントします。


 鉄道小説大賞は、神奈川県の相鉄グループ100周年を記念した短編小説のコンテストとして今回初めて開催されました。相模鉄道や沿線の街、人、自然などを舞台とした新たな「ものがたり」として作品を発表することで、相鉄沿線の魅力を多くの方々に再発見してもらうのが目的です。  総合監修・ゲスト審査員にノンフィクション作家の小松成美さん、ビジュアルアドバイザー・審査協力にクリエイティブ・ディレクターの水野学さんを迎え、2017年8月より作品を募集。国内はもとより国外からも寄せられた応募全475作品から選考を行い、翌2018年2月に受賞作が発表されました。大賞は宮崎辰夫さんの「橋の記憶」が、優秀賞は新井爽月さんの「52,596,000分の夜と朝」と田中マルさんの「リバーサイド」の2作品が受賞しました。

鉄道小説大賞受賞作品が掲載された小冊子は配布を終了していますが、公式ホームページから作品を見る事ができます。

また、抽選で10名にこの小冊子をプレゼントいたします。 ご希望の方は住所・電話番号・年齢・職業・「鉄道小説希望」を明記の上、ハガキ・FAXまたはメールでご応募ください。

ハガキ:〒939-1363 砺波市太郎丸2-129 エフエムとなみ「鉄道小説」係
FAX:0763-34-0771 件名に「鉄道小説希望」と記入
メール:info@fmtonami.jp 件名に「鉄道小説希望」と記入
応募締切は5月24日金曜日午後5時必着。 当選者の発表は、賞品の発送をもって替えさせていただきます。

ここに記事本文を書きます。